? 気になる臭いの原因|デトランスα激安通販~デトランスアルファの効果・副作用   

デトランスα激安通販~デトランスアルファの効果・副作用

気になる臭いの原因

自分の身体のニオイを、自分で自覚することは難しいと言われています。さらに、周囲の方がそのニオイに気づいていたとしても、本人にそのことを伝える方は、ほとんどいらっしゃらないかもしれません。だからこそ、多くの方が様々な方とのコミュニケーションを取る中で、デオドラント対策に気を配られているようです。気になるニオイの原因には、どのようなものがあるのでしょうか。

汗が原因となるニオイ

汗をかくことがニオイの原因となることは、広く知られていることです。しかし、実は、汗そのものにニオイはありません。汗をかいた後、皮膚の常在菌が汗を分解することによって、ニオイを発するようになるのです。さらに、汗には2種類あり、エクリン汗腺とアポクリン汗腺からそれぞれ出る汗は、その特徴に違いがあります。汗は、体温の上昇と共に、体温を調節するためにあるものですが、エクリン汗腺から出る汗は、ほとんどが水分であり、ニオイはほとんどありません。アポクリン汗腺から出る汗は、脂肪やアンモニアを含んでおり、出た汗を皮膚の常在菌が分解することによって、体質によっては強いニオイを発する場合があります。

ワキガが原因となるニオイ

ワキガは、遺伝的なものが関係しているものだと言われていますが、一般的に、ワキの下にあるアポクリン汗腺の数が多いという特徴を持っておられます。強いニオイの原因となる汗は、アポクリン汗腺から出る汗であり、汗が出たばかりの時には、ほとんどニオイはありませんが、皮膚の常在菌が汗を分解することによって、ニオイを発するようになります。アポクリン汗腺の数が多い場合、アポクリン汗腺から分泌される汗の量も多くなる傾向があるため、その分、常在菌の影響を大きく受けることになります。

加齢が原因となるニオイ

加齢にともない、身体に備わっている抗酸化作用の働きが低下していきます。抗酸化作用がうまく働かなくなると体内が酸化しやすくなり、それがニオイの原因となります。加齢臭は、ノネナールという皮脂物質が原因となっています。加齢によって、身体から分泌される皮脂が酸化しやすくなり、この物質が分解された際に、独特のニオイを発するようになります。

ストレスが原因となるニオイ

ストレスを強く感じた時、多くの方が、ワキなどに汗をかくことがあると思いますが、ストレスを感じた際にかく汗は、皮脂を多く含む汗であることが多く、その汗が皮膚の常在菌に分解されることによって、強いニオイを発するようになります。

ページトップへ